メニュー

子どもに無理な登山はさせないで!

ご訪問、ありがとうございます。品川区ヨガファミリー主宰の松原夏穂です。ヨガで家族が笑顔で健康に。ヨガを通して「好き」な自分に、をモットーに、ヨガ講師をしております。また、子ども達には、人と比較しない・勝負に勝ち続ける強さよりも「自分を信じられる強さ」を育むキッズヨガを教えています。

 

8月は「山の日」があるので、いろいろ思うことを書きます。

 

長男は、2019年の夏休み(当時小学4年生)に子どもだけのツアーで、富士山に登りました。

親は同行しません。子どもに配慮したプログラムです。

だから。最近、弾丸登山が問題になっているのをみると、雲泥の差を感じます。

無理のない、3泊4日のゆったりツアーでした。

ちなみに。

そらまめキッズアドベンチャーです。

お世話になりました。

 

覚えているプログラムは、

 

・一日目:朝出発→富士山世界遺産センターを見学→宿舎で荷物整理→20時に就寝

・二日目:宿舎→バスで富士山五合目→富士山八合目の山小屋で宿泊

・三日目:八合目→山頂へ→下山→宿舎泊

・四日目:宿舎→温泉とバーベキュー→夕方帰着

 

参加できるのは小学3年生以上。

山頂でのお鉢周りや焼き印をもらうなどは、しない。

登山靴推奨など。

 

これだけ配慮しても、毎年高山病に罹る子どもがいるらしく、

通常のツアーよりもスタッフを多く配置していました。

でも、なぜか。

長男が参加したときは、リタイアゼロ。

「すごいことです。お子さん、皆頑張りました」と言われました。

 

山登りって、特に富士登山はここまで配慮が必要だと実感しました。

山を甘く見たらダメだよ。

だから、お子さん連れで富士登山する場合は、

これくらいゆったりしたスケジュールで実行してほしいです。

 

以前、富士山に親子で登った方にお話を伺いましたが、

標高低めの山で練習をしたと言っていました

(もちろん、親子全員無事に帰ってきました)。

 

私は富士山に登ったことがありません。

行きたいけれど、最近の惨状を聞くと行く気がしません。

人が一人増えるだけで、迷惑になりそうだから。晴れた日に見て、満足しています。

 

ちなみに。「山登り」をテーマにしたキッズヨガもありますよ。

 

 

その他のおすすめ記事

子どもの水着写真をアップするのは、危険!危険! ご訪問、ありがとうございます。品川区ヨガファミリー主宰の松原夏穂です。ヨガで家族が笑‥ 続きを読む
護身術に挑戦~子ども達に教えたい 私は、キッズヨガで防災を扱っています。 災害時の身の守り方を伝えていますが、今後不審者対応も‥ 続きを読む
子ども用ハーネス(お散歩ひも)で安心安全な子育て~かわいい天使になれます ご訪問、ありがとうございます。品川区ヨガファミリー主宰の松‥ 続きを読む